Vol.7 Sears Roebuck Zip Denim Jacket

Pick Up ItemsPickUpItems Vol.7 2005.11.5

当店のコレクションや話題のアイテム・コーディネイト提案などを詳しく紹介するページです。




>
品名 Sears Roebuck Zip Denim Jacket

アメリカのストア「シアーズローバック」社の50年代のオリジナルデニムジャケットです。
ジッパーがアクセントになっている、ファッショナブルなデザインです。
個性溢れるジャケットが百花繚乱の時代

現在では、デニムジャケットというとLevi'sの2ポケットの形が連想されます。非常に完成された優れたデザインです。
Levi'sも2ポケットのデザインに落ち着くまで、1stと呼ばれているモデル(フロント1つポケット、シンチ付、フロントプリーツ)、2nd(フロント2つポケット、フロントプリーツ)、そして3rdモデルへと移行しています。
その間、様々なブランドから様々なデザインのデニムジャケットが販売されていました。

デニムジャケットは、ワーク系とウエスタン系に分けられますが、ウエスタン系はタイトなシルエットで、ショートレングスが各社とも共通した特徴でしょう。これは、馬上でのカウボーイの運動機能性から主な影響を受けた物と思われます。

50年代から、デニムは作業着としてだけでなく、ファッションアイテムとしてその位置を確立してきました。それに伴って、各社ともオリジナリティ溢れる個性的なジャケットを販売してきました。

Levi'sの70505タイプと二分するポピュラーな物はLeeの101Jでしょう。そのほかにもWranglerの傑作24MJZ(フロントプリーツ+ジッパー)などが、メジャーブランドの傑作として上げられます。

今回紹介するのは、それらのメジャーブランドとはまた違った魅力を持ったストアブランドの物です。メジャーブランドの見慣れた(定番的な)デザインをあるところでは「イタダキ」ながら、個性的なジャケットを創り出しています。

60年代くらいまでは、各社のデニムも素晴らしいものが多く(当たり外れもあるようですが)、どれも素晴らしいデニムの魅力を伝えてくれます。

メジャーブランドのデニムジャケットに飽き足らない方へお勧めします。
デザインと特徴

フロントの2段のプリーツと斜めに付いたグリッパーのチェーンジッパーとフロントポケットの丸みを帯びたステッチが特徴です。
ボタンはSEARSのオリジナルドットボタンが付けられています。
フロントボタン裏側ははセルビッチが付いていますので、前を空けた時にはアクセントになります。背中のシルエットはショルダー部分のRを帯びたステッチと、いっそうタイトに見せるように大きく斜めに切り込んだサイドステッチがアクセントになっています。

このデザインは、何年か前に国内でリプロダクトされています。通好みのジャケットです。

細かいところでは、縫製の雑なところもあります。
袖口は本縫いではなく、切りっぱなしロック留めです。他のステッチも飛んでいたり、結構怪しいところもあります。
この辺は好みの別れるところですが、私はそれなりに好きです。

カウボーイより、バイク乗りやカージャケットを意識したスタイリングです。

マイナーブランドで他に個性的なジャケットを出しているところでは、Penneyの「Foremost」、Wardの「101」、BigSmithの「Buckaroo」、「Big Yank」、「Madwell」など他にも沢山あります。

その中でストア系は60年代後半以降はデニムが安価な混紡のソフトデニムに変わり、魅力が半減します。この時代あたりの物は、しっかりとしたデニムで素晴らしい色が期待できます。



<<前へ    次へ>>


関連商品を見る


Jeans Jacketカテゴリーを見る

PICK UP ITEMSのページへ

HOME

Google
WWW を検索 www.mintclothes.com/を検索

http://www.mintclothes.com/Copyright (c) 2005 古着屋ミントクローズ. All Rights Reserved. 無断転載・転用・引用禁止