ミントクローズ-ビンテージの古着と雑貨



 
フライトジャケット特集
品名 CWU/45-P フライトジャケット

CWU45-P CWU/45-Pは、
現在のアメリカ軍のアビエータージャケットの最終モデルです。 アメリカ海軍によりWEPの後継インターミディエイト用フライトジャケットとして開発され、1973年に正式採用となりました。
ハイテクである不燃素材ノーメック(アラミド)を使用しているのがまず第一の特長です。 CWU/45-Pはインターミディエイト用の冬季ジャケットで、夏季ジャケットは、このモデルの中綿を取ってシェルのみのCWU/36-Pとなります

CWU45-P バック 耐燃素材アラミドを使用したハイテクジャケット
当時はナム戦の後半で「パイロットを事故などの火災から守る」ことを大きな開発の目的としていました。
それまでウェップやMA-1に使用されてきたナイロンが、フライトジャケットの素材として非常に優れていた(軽量・保温性・コスト等)にもかかわらず、他方で「燃えやすい」という弱点を持っていたためでもあります。
アラミドとははデュポン社によって開発された正式名称「耐熱アラミド繊維」(商品名ノーメックス)のことです。
1976年には米国空軍が正式に採用し、20年以上の長きに渡って採用されたMA-1の後継ジャケットとして現在に至っています。 初期モデルは背中にアクションプリーツが付けられていましたが、狭いコックピットの中で引っ掛かって邪魔になるとの理由で、82年のモデルを最後に取られています。 MA-1までのニット衿から、ラウンドの襟付きになり、ポケットもドットボタンからベロクロ留めに変わりました。 現代のアメリカ空海軍のジェットパイロットが使用している、ハイテクのジャケットです。

ケアとコーディネイト
アラミドの繊維は色ヤケしやすいです。そのため古いものなどでは変色しているものもあります。
また、繊維との相性のせいかもしれませんが、ステッチ切れがよく見られます。わきの下、サイドのステッチなどは要チェックですが、きちんとリペアしてあれば、問題はありません。 パッチやネームは直に縫うのではなく、ベロクロを縫いこんでありそれで留めるのが一般的です。 一般には、左胸にネーム、右胸に所属の部隊、両肩に階級章をつけているようです。 軍の正規放出品も、パッチそのものは外してありますが、ベロクロは付いていることが多いので、そのままでも格好いいです。 お好みに応じて、パッチを付けてみるのも良いかもしれません。 また、着用していると裏地から中綿の糸が少し出てきて、毛玉を作りがちです。これは、こまめに取ることで解決されます。 蛇足ですが、実生活の中でコストの高い特殊繊維アラミドの恩恵を受けることは、余りないでしょう。
しかし、いわゆる民生品ではこの繊維を使えないので、タイタンクロスや通常のナイロン等で代用している様です。 そのため、実物とは一見して違った素材感が出てしまい、「CWU/45-P風の」チープなコピー品に見えてしまいます。 実物はそれなりの値段がしてしまいますが、やはり、こだわる価値はあると思います。 ジャケット自体がかなり存在感が強いので、ビンテージのジーンズやチノあたりが合うでしょう。 フライトジャケット全般に言えますが、ホンモノは防寒性も高いので、セーターなどを着込むよりは、スウェットなどのインナーの方が格好いいと思います。 ジッパーを閉じれば、寒さは十分にしのげると思います。