ミントクローズ-ビンテージの古着と雑貨



 

ビンテージLevi’sの見分け方

ヴィンテージのLevi’sは古着好きなら、誰でも好きで欲しいアイテムです。
このページでは簡単なチェックポイントとモデルの変遷を載せました。
一般的な備忘録を兼ねていますので、誤りなどありましたらご指摘お願いいたします。

全体的な色落ちを見る

ヴィンテージの魅力は何といっても、その色です。未洗いのインディゴブルーから縦落ちまで、年月を経るほど深くなっていくのがデニムの良さです。インディゴ染めのデニムの色は、本物を何度も見ていると、違いがわかってきます。

アタリを見る

耳(セルビッチ)付き、いわゆる赤耳のジーンズは、サイドにアタリが出て、耳の部分も色落ちします。それが綺麗に出ているかもチェックポイントです。

サイド処理を見る

86年に生地を幅広のものに替えたために、以降の501には、セルビッチがついていません。デニムの質もこのあたりから大きく変わってきます。

パッチを見る

パッチの材質・ 表記内容・印刷の形状などで、ある程度年代の確認ができます。別ページのディティール年表で照らし合わせてください。

タブを見る

リーバイスの象徴でもあるタブの表記内容でも年代とモデルがわかります。 別ページのディティール年表で照らし合わせてください。

ステッチの色・材質を見る

初期BigEくらいまでは、縫製には綿糸が、または綿糸混在で使われていましたが、 以降になるとコアヤーンが使われるようになりました。綿糸使いはその色から「バナナイエロー」「イエローステッチ」などど呼ばれています。

バックポケットカンヌキ処理の確認

隠しリベット使用の有無、カンヌキ糸の材質・色などでビンテージか否かの判断ができます。

バックポケットのステッチ

チェーンかシングルかで判断ができます

チェンジポケットのステッチ

シングルかチェーンか耳付かなどで 判断ができます

TOPボタンの形状・裏のナンバー

TOPボタン裏のナンバーが1桁2桁の場合、ビンテージです。



501に見るリーバースのディティール変遷


年代 モデル名通称 パッチ リベット タブ セルビッチ ボタン 隠しリベット その他
1942年〜 XX大戦モデル 革パッチ S501XX   BigE片タブ 耳付 月桂樹ドーナツボタン 鉄製 物資統制のためアーキュエイトステッチ省略。ペンキで書かれたものもある。
1947年〜 XX 革パッチ オス側、メス側共に銅製の打抜きリベット   鉄製から銅製へ アーキュエイトステッチ復活する。2本針のため、返しでセンターに三角形部分が出来る。
1952年〜 BigE両面タブ      
1954年〜 紙パッチ(ギャラ有)      
1960年〜 XXギャラ無 紙パッチ(ギャラ無) オス側がアルミ製のかぶせリベット      
1965年〜   XXの文字が消える TOPボタン裏に数字が入り始める   初期にはタイプ物や501・501など存在。センターループがセンター合わせに
1967年〜 BigE     リベットを廃止して、カンヌキ(バータック)縫製に  
1969年〜 CARE INSTRUCTIONS INSIDE GARMENTスタンプ     内側注意書きにSF307と縮小率 8%の表記
1971年〜 66前期 Small-e使われ始める   黒カンヌキ 内側注意書きにSF307と縮小率 10%の表記
バックポケットシングルステッチ
1974年〜 66後期      
1980年〜 赤耳       内側注意書きにSF307と縮小率 10%の表記
1986年〜 レギュラー     耳無      

 

主なモデルと特徴・年代


モデル名 製造年代 主な特徴
XX 〜1967年 隠しリベット、シングルステッチ、Vステッチ、革パッチ・紙パッチ、E赤タブ、赤耳、ベルトループセンター外れ、イエローステッチ
BIG E 1966年〜1969年 XXが取れて「501-501」やA・S等のタイプモノなど。紙パッチ、シングルステッチ、E赤タブ、Vステッチ、赤耳、イエローステッチ、
66前期 1969年〜1974年 フラッシャー記述の"1966"より命名。e赤タブ、シングルステッチ(前期)、赤耳、イエローステッチ(前期)
66後期 1974年〜1980年 チェーンステッチ。ここまでは縮小率8%。
赤耳 1980年〜1986年 66以降、赤耳をつけたもの。力織機使用生地の最後のモデル。81年以降はレギュラーと並存。
レギュラー 1981年〜 サイド、バイアス縫いの耳、現行のモデル。